悪臭発生器

剣道の防具は昔から臭かったわけではない。段々と臭くなっていったのだ。剣道をやっている人ならわかると思うが、防具というのは使い込んでいけば行くほど、洗わなければ洗わないほど臭くなっていく。これは剣道のみならず、スポーツをやるならどんなものだって臭くなるものだ。
スパッツ、インナーシャツ、ソックス、剣道の防具以外の防具、道着。これらは汗をかけばかくほど匂いが染み付いていき、そして刺激臭へと変わっていく。

他に普段着だって長く着れば臭くなっていく。夏場のシャツなんて汗びっしょりだとやはり臭くなるし、わきが臭い人は汗を書いていなくても強烈な匂いを発射する。なにか埃っぽいようなツンとしたような臭いは、その場から離れたくなるほどの悪臭であり、なるべく遠ざかりたくなる。本人だって木にしているものだが、これがなかなか治らない。予防方法はきれいに清潔にするだけだ。
このきれいに清潔にするというのは、わきがの人だけでなく、汗をかいて防具やアンダーシャツを臭くすることのある人には非常に効果のある予防方法だ。清潔にする。それだけでどんなものも悪臭はなくなるのだ。そして、その理由は汗を洗い落とすからではなく、もっと別の理由がある。

今回は、剣道の防具を例とした悪臭の抑え方や、その原因を紹介していこう。

おすすめサイト

剣道の防具をお求めの方はこちらの通販を利用しましょう【百秀武道具店】